made by
WordPress
Photoshop
Sublime Text
 
一言コメント
Sublime Text 2メインメニューが消えてあたふた。再表示ショートカットはAlt + Vでした。
About
このサイトはiPhoneがらみの気になることをまったり書いてるサイトです。不定期更新。リンクフリー。
» さらに詳しく
 
Contact
ご連絡はこちらまで。
chibimameplusあっとまーくgmail.com
 
category
 FIFA15
 GoodReader
 メモapp
  • HOME
  • >
  • iPhone
  • >
  • 単語登録をきっちり使おう!Evernoteへタグとノートを追加してメールする方法

単語登録をきっちり使おう!Evernoteへタグとノートを追加してメールする方法



■単語登録をきっちり使おう!Evernoteへタグとノートを追加してメールする方法

既に有名ですが小ネタです。
大体のアプリでメール送信機能はあるけど、Evernoteへ投げていると後からタグ付けをする手間が省ける方法です。

やり方はこちらの公式サイトに記載
メール送信時、件名の後に
半角スペース#タグ名半角スペース@xxxx’x notebookと入力し送信。

最近流行り(?)のFastEverアプリもこれを応用したものですね。
結局あらかじめタグ指定しても、毎回送信前にタグの種類は変わるので・・・
どなたか作って欲しいです。というか本当は自分で開発したいです。
デベロッパーの方多分ヒットしますよー(とお願いしてみます)
タグをドラム選択やタップでノートを選択してメール送信可能な機能付きメモアプリ。
メールで送信?何それな人へ詳しくSSでみていきましょう。
アプリはこちら。
Evernote Evernote
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る


まずは公式サイトに飛び自分のアドレスを確認します。
http://www.evernote.com/

右上のSIGN IN後、に上段メニューにある Settings をクリックします。


すると現在のアカウント詳細がでるので真ん中下部に xxxxxx.ca2ee@m.evernote.comの記載が自分のメールアドレス。
(画像クリック拡大)






上記のメールアドレスに、メールを送信するとEvernoteへ登録されます。
以前まで難点だったのがタグやどのノートに追加するかの指定はできませんでした。
後から、タグなどを付けなおすので意外と面倒だったりします。
これを、メール送信前に件名の後に
半角スペース#タグ名半角スペース@xxxx’x notebookと入力し送信する事によって、指定したノートにタグ付きで登録されます。

HayaMemoの作者さんにメールして問い合わせたら、今日のアップデートで件名の後に追加の機能を付けたよと返信がありました。
個人的にかなり便利になって満足です。

こんな感じに件名の後に続けて打ち込み送信すると。
Evernote上に反映されていますね。




別アプリからの場合件名の後に#タグ名 @XXXX notebook なんて付けてくれる機能は当然ありません。
毎回メール送信毎にいちいちこんなの打ってられないので、単語登録をしっかりしておきましょう。

単語登録といっても連絡帳に登録するだけです。
(おそらくは有料の単語登録アプリも連絡帳を呼び出しているだけでしょう)
連絡帳の新規登録画面で
姓の所に@XXXX’s notebook
姓の読みに『の』など好きな呼び出したい言葉を入れましょう。
終わったら保存。
同様に頻繁に使うタグも登録しておきましょう。
ほとんど固定なら、#タグ名 @XXXX’s notebook を一単語として登録しておきましょう。




登録できたら、メール送信前、件名の所に
#タグ @XXXX’s notebook を追加して送信。
画面はAwesome Note (+To-do/Calendar/Reminder)から


件名の後自分で登録したものを入れてささっと変換。





Evernoteにちゃんと登録されているかを確認。
ちゃんとタグが入ってますね。







さて、更に追加で連絡帳に単語を登録すると当然ですが普段使っている方の名前とごちゃごちゃになるので、グループ分けもしておきましょう。
おすすめは無料で簡単にできるGroupyや昨日からかな?無料になっているMyGroupなどで十分です。
下記はGroupyの画面

その他もっと高機能なGRContactなどお好きなアプリで。
以上、ネタにするか迷った小ネタでした。


コメントをどうぞ





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>