made by
WordPress
Photoshop
Sublime Text
 
一言コメント
Sublime Text 2メインメニューが消えてあたふた。再表示ショートカットはAlt + Vでした。
About
このサイトはiPhoneがらみの気になることをまったり書いてるサイトです。不定期更新。リンクフリー。
» さらに詳しく
 
Contact
ご連絡はこちらまで。
chibimameplusあっとまーくgmail.com
 
category
 FIFA15
 GoodReader
 メモapp

写真のレイアウトはこれだ!Strip Designer可能性は無限大

Strip Designer Strip Designer
価格: ¥250
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る
 

■写真のレイアウトはこれだ!Strip Designer可能性は無限大

ストアのスクリーンショットをみていると漫画風に吹き出し?
別にそんなの普段使わないしなぁって思った方へ。
オシャレにカワイイ加工。
実用的な連絡にも使える。 あなたの想像以上に高機能です。

簡単な写真補正もでき、マップとの連動、before afterの比較など
何より個別に自由に拡大移動、文字入れ色変更、自由度が高く
発想次第で可能性は無限大。

自分の様にいくつもの複数アプリをいったり来たりしてる人にも
アプリをまとめるチャンスです。

>>cafeとcameraと私(画像クリックでフルサイズ)


>>今ここにいます!@銀座(画像クリックでフルサイズ)






詳しくみていきましょう。


できる事といい所
・写真レイアウト系アプリでありがちなのは一度決めて写真をおいてしまうと再レイアウトしにくかったりするんですが、スワイプで瞬時にレイアウト変更できる。
・iPhoneの場合は指で動かして拡大縮小するのでどうしても、あぁもうほんのちょっと右にずらしたい、小さくしたい、左に一度だけ傾けたい時専用のボタンがある。
・写真編集中にアプリ内部にメモ付きで保存できる
・フィルタが12種類と豊富でしかもスライダ微調整可能。
(白黒、セピア、シャープ、コントラスト、スケッチなど)
・フォント種類、サイズ、透明度、中央揃えなどレイアウトの自由度が高い
・メール添付時のファイル形式をJPGの他にPDF可能。
・Flickr、Facebook、Twitterへアップ可能。

残念な所は保存サイズは選択できない所と毎回前回終了時の状態で起動される事。




特に、実際先にフレームを決めた後、うーん他のだとどうなるんだろ?って思った時にささっとスワイプで切り替えられるのがなかなかありません。実際に拡大して写真をおいてみて何かちょっと違う。。って事ありませんか?

細かく拡大や移動微調整専用ボタンは意外と写真編集アプリには少なく
ユーザー側視点のUIが気に入っています。

保存サイズはレイアウト毎に変化します。
50種類位全て保存後調べたのですが、
最大サイズは1023×1012の様です。
基本的にぱっと見て長い方が、1023px。短い方がレイアウトによって869/761/511/359/293などに変化します。

目安としては写真を取り込む時に一枚レイアウトなら1023px以上あればいいかなと。
あまりに小さいものはレイアウト中に拡大後、保存するとぼやけてしまいそう。
今まで自分は写真を並べたりする時、Collage、枠組みが欲しい時はPiCards、文字入れや写真自体の補正を、Photogene、Effect Touchなど渡り歩いていましたが少し楽になりそうです。

レイアウトの種類は下図の他100種類。





写真を配置して気に入らなければ、縦横のスワイプで瞬時に別のフレームにかわってくれます。これがお気に入り。気分でさらっと変えれます。
フレーム際選択後は自由に枠内部の写真の移動拡大ができます。





フォントのサイズ種類、色、透明度、Alengementを押せば上中下、右左中央揃えなど細かく設定できます。色はRGBスライダとかで選べないのが残念。





吹き出しは下記の他に星、ハート、矢印などがあります。Photogeneと同様に、吹き出しの中の色や枠、透明度なども細かく設定できます。
要は、好きな所にテキストを枠などなしでおけます。
Stickerを押すと海外ならでは(?)の各種スタンプ。





各種フィルタ、定番の白黒セピアの他、シャープスケッチなど多数。
写真一枚一枚それぞれにフィルタをかける事ができます。
右側は、写真を一度だけ傾けたり、左右に移動など微調整できます。





細かい所ですが、メール送信の際右下にファイルサイズがでる所。
相手にメールを送る前にファイルサイズがわかり i.softbank.jpだと通常は1MB以上は送れないので、せっかく作っても送れない事を未然に防げます。
またPDF添付ファイルとしても送信可能です。
写真下部にはFlickrとTwitterへのアップロード機能。





おもしろいモノから地図メモ、左右比較など発想次第で色々できそう。
写真編集は PhotogeneとStrip Designerこのふたつで大体事たりそうかも?


気になる方は是非
Strip Designer Strip Designer
価格: ¥250
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

 

■カメラ撮影機能仕様
カメラ撮影機能 → 純正から呼び出し

バックグラウンド保存 –
最大保存サイズ → 1023 x 1012
保存サイズ指定 →  1023×869(2×2表示フィルム)1023×368(1×4表示フィルム)1023×761(3枚表示フィルム)1023×489(1×3表示フィルム)
1023×448(1×2表示フィルム)1023×887(1枚表示フィルム)1023×293(1×4プレーン)359x1023(縦4プレーン)1023x215(横4枚プレーン)1023×761(1-2-1プレーン)1023×12(真ん中txt、同斜めレイアウト)1023x345(横4枚プレーン)、1023×761(1枚のみプレーン)1023×511(1枚のみ横長プレーン)779×1023(縦長1枚のみプレーン)1023×511(横二枚並べ四角プレーン)779x1023(縦2枚斜め表示プレーン)1023x761(縦2枚斜め表示プレーン)1023×1012(四角左下小二枚表示プレーン)

自動保存 –
自動リサイズ あり
写真保存場所 → カメラロール or アプリ内独自

アップロード機能 Facebook、Flicker、Twitter
アップロード時サイズ指定 –
メール送信機能 → あり PDF/JPG選択可
 

■フィルタ補正機能仕様
カメラロールからの取り込み → あり
カメラロールからの取込枚数 → 1枚のみ
リジューム → あり

アンドゥ –
リドゥ –

回転 → あり、1度ずつ調整可
反転 –
切り取り  –
切り取り比率指定  –

レベル補正 –
トーンカーブ –
ブレ –
ブライトネス あり
コントラスト あり
露出 –
彩度 –
色温度 –
ハイライトシャドウ –
シャープネス あり
HDR修正 –


フィルタ適用範囲 → 写真単体個別選択
フィルタ機能 → 
Gray(白黒)、Invert、コントラスト、シャープ、セピア、スケッチ、Halftone Comic、ブライトネス、Red、Green、Blue、
多重フィルタ → あり
フィルタ微調整スライダ → あり

フレーム あり100種類
文字入れテキスト あり 色透明度フォント種類サイズ変更可
ふきだし文字入れ あり 外枠、Fill塗潰し色、透明度変更可
スタンプ あり

落書き –
ブラシ種類 –
ブラシサイズ –
ブラシ透明度 –
消しゴム –

フィルタサンプル –
撮影サンプル –

その他備考 → フレーム枠内部ボーダーカラー指定、ボーダー種類選択、メール添付送信前にファイルサイズ表示確認可能



Comment

  1. kuroobisan より:

    私も持ってはいるんですが、中々気の利いた画像に出来なくてあまり起動していませんでした。
    「私はここにいます」良いですね。こういう実用的に使う発想はなかったので、大変参考になりました。

  2. chibimame より:

    ありがとうございます。他にもエクセルのここ修正して下さいなど、比較したり色々使えそうですよね。

  3. [...] 写真のレイアウトはこれだ!Strip Designer可能性は無限大 | iPhone plus +カサネドリ 1.4カテゴリ: 写真価格: 無料iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS [...]

コメントをどうぞ





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>