made by
WordPress
Photoshop
Sublime Text
 
一言コメント
Sublime Text 2メインメニューが消えてあたふた。再表示ショートカットはAlt + Vでした。
About
このサイトはiPhoneがらみの気になることをまったり書いてるサイトです。不定期更新。リンクフリー。
» さらに詳しく
 
Contact
ご連絡はこちらまで。
chibimameplusあっとまーくgmail.com
 
category
 FIFA15
 GoodReader
 メモapp

Joy Camera オリジナルが必ず保存4分割スクエア撮影

Joy Camera Joy Camera
価格: ¥85
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

現在の ver 1.1.1 価格は参考値

一言でいうなら何でも入りカメラ。
手ブレ、ズーム、連射、スクエア撮影、保存サイズ指定、多数のフィルタ、フレームなどなどとりあえず全ていれてしまえ的な高機能なカメラです。
ワンタップで1:1、16:9、4:3、四分割スクエア撮影切替できるのはとても便利。
サウンド撮影、全画面タップはありませんでした。

面白いのは4分割撮影機能、それぞれ個別にフィルターを指定して並べると楽しく遊べます。保存サイズは1:1比率の1536×1536または1536×2046まで保存可能です。
撮影後にコラージュアプリの様に並べる機能はありませんので、撮る前に設定して4枚撮っていきます。並べるとこんな感じ。
もちろん通常の撮影機能もかなり充実しています。

いい所は、設定でオリジナル保存をONにしておくと、オリジナル 1536 x 2046 の写真が必ず自動保存され、更に設定したサイズと2枚保存される所です。撮影後に2枚を比較するできるのが便利です。当然OFFにもでき加工後の写真のみを保存もできます。

細かな所は、フィルターを選択中のスクロール。
例えば20、30フィルタと増えてくると、一番右まで行くと行き止まり今度は左へスクロール。これがなくスクロールが繋がっている所。
Flickrアップ時、タグとファイル名を書き込める所。
(IMG_0XXX.JPGでアップロードされるアプリがあるので)

あとはやっぱり16種類スライダ調整付きのフィルター。



設定からみていきましょう。
Picture Mode(撮影サイズ)は5種類。左から
4:3、16:9、1:1、4:3を4分割4枚撮影、1:1を4分割4枚撮影
田の字の様に並べて撮影できるのは何かを比較する時に便利です。

Shot Mode(撮影モード)は6種類から選択。左から
通常、手ブレ、スローシャッター、連射、セルフタイマー、セルフタイマーリピート

Sizeは、Small Medium Large Orignalから選択。
何pxなのかは表示されません。
調べた所、オリジナル-1536×2048、L-768×1024、M-480x640、S-240×360




Accounts Setup 内部
Flickr、Twitter、Facebookへのアップロードなど
公開するかどうかや、タグ指定をあらかじめ設定できます。

フル機能を表示した状態です。
左下歯車が設定画面へ、雪や丸マークは現在掛けているフィルタのアイコン
赤枠の部分が残り現在保存中の写真枚数。4枚保存中の表示。
保存が終わると緑にランプが変わります。表示は下記メニューバー以外OFFに可





日付機能なのですが選択項目はなく、設定画面上で表示方法を決めます。
%d = 10/12/31、%D = 2010/12/31、%t = 23:30
日付と時間を両方入れる際は、%d %t と設定。上記初期設定SS参考に。
また、%D %t とした後に、日本語でメモも入れれるので、
2010/12/31 23:30 copyright と言う表示も可能です。
上記以外の年月など他の設定はできませんこれが残念。

Add DescriptionをONにすると、日付の上に説明文が追加されます
(※誤字がありますがつっこまないで下さい)
フィルタ、フレームなしの場合、左下に白で日付、その上に中央ぞろえで説明文。




Flickr へアップしてみる。
アップ前にmessageを聞かれるので入力するとファイル名が表示されます。




16種類のフレームと16種類のフィルタ群。Labelの部分に説明文。Stamp部分に日付やテキストが入ります。フォントカラー、位置はフレームによって移動。
全16種類+フレーム16種類のサンプルは最下部参照





個人的にちょっと不満は、フィルタ調整中写真を拡大縮小が出来ない所。
カメラロールからの取り込みが微妙にわかりにくい所。
それから・・
アイコンがこれはないんじゃない?というデザイン。
起動時に一瞬表示されるこのデニム・・・
うーむ。。でWATER WORLDって意味がイマイチ

アイコンのデザインはそもそもカメラ本来の機能に全く関係ないのですが、自分の気に入るデザインかどうかはとても大事な事だと思います。
見た目がカワイイ、自分の好みのデザインだと、多少の機能に不満は目を粒って使い続けると思うんですよね。
(どうしても譲れない機能がない場合は、デザインを捨てると思いますが・・)



とまぁデニムの話はさておき、 全画面ボタン、サウンド撮影が要らない人には、
保存サイズ指定、スクエア、手ぶれ、日付、文字挿入など基本機能に多数のフィルタ、メモ代わりにぱぱっと撮ってアップもすぐでき、十分メインになる位優秀なカメラアプリだと思います。
機能満載で600円→115円はお買い得かも。

>> iTunes Store へJoy Camera – Water Lou
以下機能詳細記載
/
■カメラ撮影機能仕様

カメラ撮影機能 → 通常/手ブレ/スローシャッター/連射/タイマーから選択
カメラロールからの取り込み → あり
カメラロールからの取込枚数 → 1枚
スクエア撮影 → あり
動画撮影機能 –
動画編集機能 –
動画保存種類 –

バックグラウンド保存 → あり
最大保存サイズ → 1536×2048
保存サイズ指定 → 1536×2048、768×1024(L)、480x640(M)、240×360(S)
              1536×1536、768×768(L)、480×480(M)、240x240(S)
              1152×2048、576x1024、360×640、180x320
自動保存 → あり
自動リサイズ –
写真保存場所 → カメラロール

タップフォーカス → あり
手ブレ補正 → あり
手ブレ補正強弱 –
ガイド → あり 1種類
全画面撮影 –
全画面タップフォーカスからの撮影 –


ブラスト機能 → あり タップしたままで無限連射、枚数指定不可
サウンド撮影 –
セルフタイマー → 5/10/20/30/60/180/300/600秒
タイマー音 → 残り3秒から強制ON
水準器 → あり

Exif詳細記録 –
ジオタグ –
日付機能 → あり
日付表示形式 → yy/mm/dd、yyyy/mm/dd、23:30、上記参照
日付機能フォント選択 → –
日付機能フォント色 → 基本白指定不可、フレームにより自動変更
日付位置 → 基本右下、フレームにより挿入位置移動

テキスト機能 → あり
テキスト位置 → 日本語可 フレームにより位置移動
テキスト色 → 基本黒指定不可 フレームにより色自動変更

アップロード機能 → Fricker、Twitter、Facebook、複数同時アップ可
アップロード時サイズ指定 –
メール送信機能 → あり

撮影サンプル –

その他備考 → 写真撮影サイズ4:3、16:9、1:1、4:3 4種類の16:9モードの保存サイズは、1152×2048、576x1024、360×640、180x320選択可。

/
■フィルタ補正機能仕様

カメラロールからの取り込み → あり
カメラロールからの取込枚数 → 1枚
リジューム –

アンドゥ → あり
リドゥ → あり

回転 –
反転 –
切り取り –
切り取り比率指定 –

レベル補正 –
トーンカーブ –
ブレ → あり スライダ調整可
ブライトネス → あり スライダ調整可
コントラスト → あり スライダ調整可
露出 –
彩度 → あり スライダ調整可
色温度 –
ハイライトシャドウ
シャープネス → あり スライダ調整可
HDR修正 → あり ON OFFのみ


フィルタ適用範囲 → 写真全体
フィルタ機能 → 16種
白黒セピアNegativePhotocpyPosterizeColorizeContrast(コントラスト)Saturation(彩度)VignettingSharpen(シャープ)Soften(ソフト)Blur(ブレ)HDRInraredPolarizeLOMO
多重フィルタ → 可
フィルタ微調整スライダ → あり、白黒セピアなど一部スライダなし

フレーム → 16種
White BorderBlack BorderRough BorderDrop ShadowCarteDeVisiteRound CornerStampWoodFilm StripBBFSlideSticky TapesPinClotes PegsReflectionOctagon
文字入れテキスト → 日本語可 フレームにより挿入位置移動
ふきだし文字入れ –
スタンプ –

落書き –
ブラシ種類 –
ブラシサイズ –
ブラシ透明度 –
消しゴム –

フィルタサンプル –
撮影サンプル

その他備考 –
/


コメントをどうぞ





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>